石森管楽器 通信販売専用サイト ISHIMORI ONLINE
店舗案内
 株式会社 石森管楽器
 〒169-0073
 新宿区百人町1-20-23
 03-3360-4970
 info@ishimori-co.com
 ホームページ/アクセス
 定休日:
 毎週第1、第3水曜日
 ※修理部は祝日も休業


ホーム リガチャー/クラリネット用 > Wood Stone/ドイツ管用

楽器本体には石森管楽器の保証書が付いております。
※有効期限:購入日から1年間
※委託品(お客様からのお預かり楽器)は除く
アフターサービス、修理・調整の詳細はこちらから
商品一覧
リガチャー/クラリネット用 > Wood Stone/ドイツ管用
商品並び替え:



 入荷状況に関しましてのご案内 

現在、ウッドストーンリガチャーの製造に遅延が生じております。品切れ商品はご予約から入荷・納品までに相当の期間を 頂く場合がございます。ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。



■プロフェッショナルユーザーによるコメント ■ラインナップ一覧



ウッドストーン・リガチャー。サックス&クラリネットプレーヤーの定番リガチャーへ―



Standard Model/スタンダードモデル

素材に銅、真鍮(サックス用のみ)または銀無垢を使用したオリジナルリガチャー。ボリュームの大きさとレスポンスの速さを併せ持ち、重厚ながらも柔らかく伸びのある音色が得られます。
2本のレールでリードを固定し、リードからリガチャーを離すことによってリード本来の振動を活かします。長くご使用いただくためにネジ1本1本にもこだわりを持ち、鋳物ではなく削り出しで製作、中央にリングを設けることで強度を上げています。※リングのないモデルもございます 各種素材、仕上げによる吹奏感の違いをお楽しみください。

素材と仕上げによる音色の傾向
 (銅/メッキ無し) まとまりのある柔らかく優しい音色
 (銅/金メッキ) 力強く明るい音色
 (銅/ピンク金メッキ) ほどよい明るさと柔らかさを兼ね備えた音色
 (銅/サテン金メッキ) ほどよい抵抗感で重厚感のある音色
 (総銀/メッキ無し) 銀特有の伸びのある艶やかな音色
 (総銀/ピンク金メッキ) 抵抗感があり柔らかく丸みのある音色


KODAMA Model/木霊モデル

木ならではの温もり溢れるKODAMAリガチャー。
よりナチュラルなサウンドをお好みの方は木製リガチャーをどうぞ。

KODAMAI
クラリネットなどで使用される最高級のグラナディラ材と、優れた強度を持つ特殊素材の紐とで作られた、ハンドメイドリガチャー。マウスピースに対して、グラナディラを使用したプレートと特殊な紐のみが接点であるため、素早いレスポンスの早さと『木』特有の温かさを併せ持つストレスのないナチュラルな音色が実現しました。マウスピースから楽器までひとつになったような自然な吹奏感が魅力です。今までにない発想から生まれた、新しいタイプのリガチャー。
KODAMAII
コダマモデルの改良型で、リード接触部分には同じく最高級グラナディラ材を、マウスピース接触部分は本革を使用。2本のレールでリードの振動をフルに生かし、本革で全体を包み込む事によりストレス無くよりまとまりのある音を実現。 コダマモデル最大の特徴である素早いレスポンスはそのままに、更に幅広いダイナミクスレンジと全音域に渡って含まれる豊かな倍音は演奏者のサウンドクオリティを引き出します。



Professional Users/プロフェショナルユーザーによるコメント

赤坂 達三 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/GP & SS & PGP
10年ほどずっと愛用しています。今やコレクションといえる程のラインナップ。どのタイプも楽器本体と一体になってゴージャスに響いてくれます。色々なリガチャーを試してきましたが、まさにこれ以上のリガチャーはありません。皆さんも是非、試してみてください。自分に合った品々がきっと見つかります!
磯部 周平 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
ウッドストーンのリガチャーは、音が良く出るのに硬くならず柔らかい、それでいてふやけた感じがせず重みのある質感が気に入っています。広いホールでのオーケストラ演奏では周りの楽器に渉り合えるパワーを発揮してくれ、室内楽では温かみも出せる、そんな「強いのに温かい」感じがこのリガチャーのよさではないでしょうか。

小谷口 直子 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/KODAMAII
マウスピースとリードとリガチャーがすべて楽器と一体化したかのような驚く程自然な吹奏感、木質の響き。レスポンスも素晴らしく、ありそうで無かった『気持ちいい』リガチャーです。
谷口 英治 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
一皮むけると言うか一枚ハンサムになると言うか…リガチュアひとつでこんなに変身できるのであれば、この価格は安いものです!

谷尻 詩宜 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS & SSPGP
このリガチャーを初めて吹いた時の感動は今でも忘れません。息を入れても入れても限界が見えてこない、まだ息が入るぞ〜っという不思議な感覚にハマりました。普通は抜けの良いリガチャーだと音程が下がるものだけどこれに関してはそんな常識は当てはまりませんでした。ぜひお試しあれ。
十亀 正司 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
ウッドストーンのリガチャーは、吹きやすさと抵抗感のバランスが上手く取れていて、とても良い感じなのだ。特に、低音の鳴り方が飛び抜けてよい。両側に張り出した部分がクッションの役割をしていて、それが音の弾力性を引き出している。とにかく、リガチャーの中では間違いなくベストワンだと思っている。

林 直樹 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
この締め金の特徴は「重厚な音色&レスポンスの良さ」と言う一見相反する機能を両立させている点です。オケや室内楽で使用してみてそのダイナミックレンジの広さ、様々な音楽シーンに対応出来る柔軟さに大変満足、頼りになる締め金として愛用しています。
藤井 洋子 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
可能性を感じます。どこまでいろんなことができるか、これから楽しみです。

平塚 美保 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/KODAMAII
まず吹奏感が自然な事にびっくりしました。楽に吹ける上に響きもあるので、すぐに大きなホールで吹きたいと思い、その日のうちに本番で使ってしまった程です。
三倉 麻実 氏
使用モデル:B♭クラリネット用/KODAMAII
ようやくこれだ!というリガチャーに出会いました。柔らかさの中に力強い芯があり、音色の幅の広がりを感じさせ、豊かな響きをつくってくれる、そんな安心感のあるリガチャーです。

山田 拓児 氏
使用モデル:ソプラノサックス用/KODAMAII、アルトサックス用/KODAMAII、バスクラリネット用/KODAMAI
KODAMAリガチャーは、とても明るくかつ温かみのある音色で、とても反応が良くリードの振動を最大限に活かします。マウスピースとリードの個性を引き出し、そのセッティングが秘める素直な音を解き放つことを約束します。全音域で音量に関係なく心地よい吹奏感と音色を奏でるので、ストレス無く演奏でき、また自分の思い描く音色に導いてくれます。 KODAMA IとII、それぞれの個性があるので両方試していただきたいです。 写真を見て「ダークかな?」と第一印象で感じた方には特に試していただきたい、イメージを覆すリガチャーです。

Alain Geng (アラン・ゲング) 氏
マルセイユ歌劇場管弦楽団首席クラリネット奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/SSPGP
デザインから素材、仕上げまでとても独自性のあるリガチャーです。私は銀素材のものにピンクゴールドのリガチャーを使っており、サウンドが豊かで他のリガチャーには無いユニークな音色が特徴です。
Alan Kay (アラン・ケイ) 氏
ジュリアード音楽院教授
使用モデル:B♭クラリネット用
これまで試してきたどのリガチャーよりもムラが無く、レスポンスも早いです。こんなあたたかみのあるサウンドは他のリガチャーには見受けられません。演奏していてとても楽しいです。今までたくさんの人に紹介してきたので、ウッドストーンの商品がニューヨークに根付いていく様を見ていると私も嬉しいです。こんなに品質の良い信頼性のある商品を開発されたことに対し、お祝い申し上げます!

Anthony McGill (アンソニー・マクギル) 氏
メトロポリタン歌劇場管弦楽団首席クラリネット奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/Satin GP
私が一番求めているサウンドが、石森のリガチャーにはありました。あたたかく響きのあるサウンドです。
Bill Hudgins (ビル・ハギンズ) 氏
ボストン交響楽団首席クラリネット奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/SSPGP & KODAMAII
ウッドストーンリガチャーは大変精巧に作られており、サウンドの質を大幅に高めてくれます。幅広くある仕上げの中から、クラリネット奏者が自分にあったサウンドを見つけられるようになっています。下地が総銀のピンクゴールドのサウンドは、豊かであたたかみがあり、革と木でできたコダマは、芸術性に富み、独創性のあるサウンドです。リードとの接点となる箇所にグラナディラ材を用いるというのは素晴らしいアイデアですね。また、音のエッジを包み込むようなまろやかさを兼ね備えた独特の響きを、このコダマは持っています。ボナードタイプのリガチャーに慣れているプレイヤーにとって、興味をそそるとても魅力的なデザインだと思います。

Carlos J.Casadó (カルロス・カサード) 氏
スペイン国立管弦楽団クラリネット奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/Satin GP 
サテンのリガチャーを使っています。サウンドがよりまとまるだけでなく、オリジナリティーがあるからです。音の飛びもよく、しっかりとした音と十分なボリューム、加えて繊細さと響きのあるサウンドになります。

Charles Neidich (チャールズ・ナイディック) 氏
ジュリアード音楽院教授
使用モデル:B♭クラリネット用/CO & Satin GP
色々な場面でウッドストーンのリガチャーを試してみましたが、間違いなく言えることは、現在出回っているものの中で、このリガチャーが演奏していて一番楽しいということです。金属製のものには様々な仕上げがあり、革と木で出来たものには二種類の色があります。それぞれのリガチャーがそれぞれのサウンドを持っているので、奏者が自分自身のプレイスタイルにぴったり合ったものを見つけることが出来るようになっています。非常に興味深いです。元々はウッドストーンの革製リガチャーの方に興味がありまして、その中でも茶色のものがとても良かったです。豊かであたたかいサウンドを持ち、正確なアーティキュレーションが容易に可能なリガチャーでした。しかし、最近は専ら金属製のリガチャーばかりを吹くようになり、銅製のものとサテン仕上げのものが一番私のプレイスタイルに合っていることがわかりました。その時は何年もの間金属製のリガチャーは吹いていなかった上、吹こうとすら思いませんでしたが、驚いたことにウッドストーンの金属製のリガチャーは、一般的な革製のものよりも非常にあたたかいサウンドを持っており、繊細なアーティキュレーションも可能な上、音楽性のある高音域のサウンドが可能となりました。小さいホールでは銅製のもの、大きいホールでソロを吹く際はサテンのものを使用しています。似通ったところ異なったところ両方を持つ、様々な種類のリガチャーを使用すること、その魅力的なポイントは、音響の状況に合わせてリガチャーを選ぶことが出来るということです。もちろん、銅製のものとサテン仕上げのものが私に一番合うからといって、他のリガチャーが別のプレイヤーにとって良くないとかそういったことではありません。リガチャーというものはそれぞれのプレイヤーのマウスピース、リード、口に総合的に合わせるものです。種類の異なるリガチャーを所持することで、全てのプレイヤーが適切なものを一つでも二つでも見つけることが出来るのだと思います。

David Shifrin (デイビッド・シフリン) 氏
エール大学音楽院教授
使用モデル:B♭クラリネット用/Satin GP
サテン仕上げのものを使用しています。ほとんどのリードで、ムラのないベストのパフォーマンスが出来るようになりました。レスポンスもとても早いです。
Irit Silver (イリット・シルバー) 氏
クイーンズランド交響楽団首席奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/PGP
長年色々なリガチャーを試してきましたが、ウッドストーンリガチャーはその中でも最高レベルのものです。 今まで革製のリガチャーを使って来ましたが、常にレスポンスとアーティキュレーションの限界に不満を感じていました。 今回ピンクゴールドのリガチャーを選びましたが、革製リガチャーのようなサウンドでありながら、金属製リガチャーにならではのしっかりとしたアーティキュレーションも可能でとても感激しています。 音の飛びも格段に良くなり、全体的にムラのなく、あたたかさと重厚さを併せ持つサウンドになりました。

Johann Hindler (ヨハン・ヒンドラー) 氏
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
使用モデル:B♭クラリネット用/SS
リガチャーありがとうございます。サウンドがとても気に入っています。
Mark Nuccio (マーク・ヌーチォ) 氏
ニューヨーク・フィルハーモニック副主席クラリネット奏者
使用モデル:
ウッドストーンリガチャーは温かくフォーカスの合ったサウンドです。また、これまでに私が見てきた中で最も美しい手工リガチャーです。

Sam Caviezel (サム・カヴィーゼル) 氏
フィラデルフィア管弦楽団副主席奏者
使用モデル:B♭クラリネット用/Satin GP
この素晴らしいお店に来られてとても良かったと感じています。ボナードスタイルのとても素晴らしいリガチャーを石森は開発しました。総銀製のリガチャーは、音色にどっしりとした重みがありながら音がよく飛びます。サテンのものは吹き心地がよく、音に深みを与えつつ、リガチャーにとって一番大事なレスポンスも優れています。ピンクゴールドのリガチャーは、恒久的な後光のような高貴さを漂わせる柔らかさがあり、音がより立体的に聞こえてきます。例えばですが恐らく、総銀製のものは、歌劇「魔弾の射手」の序曲に、金メッキのものはベートーベンの6番に、ピンクゴールドはブラームス3番の2楽章にとても合っているのではないかと思います。石森に来ることができて本当に良かったです。これからも東京に来るときには、その都度行けることを楽しみにしています。

登録アイテム数: 3件
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧