石森管楽器 通信販売専用サイト ISHIMORI ONLINE
店舗案内
 株式会社 石森管楽器
 〒169-0073
 新宿区百人町1-20-23
 03-3360-4970
 info@ishimori-co.com
 ホームページ/アクセス
 定休日:
 毎週第1、第3水曜日
 ※修理部は祝日も休業


ホーム マウスピース/クラリネット用 > Gleichweit

楽器本体には石森管楽器の保証書が付いております。
※有効期限:購入日から1年間
※委託品(お客様からのお預かり楽器)は除く
アフターサービス、修理・調整の詳細はこちらから
商品一覧
マウスピース/クラリネット用 > Gleichweit
商品並び替え:



Gleichweit Mundstücke
グライヒヴァイト・マウスピース
〜ウィーン正統派の音色を生み出すマウスピース〜
ウィーン放送交響楽団首席のヨハネス・グライヒヴァイトにより開発されたマウスピース。
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のクラリネット奏者マティアス・ショルン氏 、ダニエル・オッテンザマー氏、グレゴール・ヒンターライター氏、ノルベルト・トイブル氏、アンドレアス・ヴィーザー氏、元首席奏者ペーター・シュミードル氏らをはじめ、多くの著名な奏者達が“グライヒヴァイト・マウスピース”の高い品質と、生み出される美しい音色に賞賛の声を寄せています。


Johannes Gleichweit


ヨハネス・グライヒヴァイト


ウィーン放送交響楽団首席。
2003年よりマウスピースの開発に取り組み始め、2008年には販売会社「maxton」を設立。
後に“グライヒヴァイト・マウスピース”として独自の新会社を設立。
これまでに存在した優れたマウスピースの精度を更に高め、より多くのクラリネット奏者の個性に合わせ最適な製品を作り上げることを目標とし、新たなマウスピース製造技術の開発に努めており、それらの新技術が盛り込まれたマウスピースの製造に成功しています。


Oリング


従来のマウスピースのようなコルクではなく、グライヒヴァイトのマウスピースはOリングという着脱可能なゴムリングを採用しています。


Matthias Schorn


マティアス・ショルン
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者


このマウスピースに大きな信頼を寄せており、開発者のヨハネス・グライヒヴァイトの素晴らしい技術と尽きることのない研究意欲に深く感謝しています。
私のモデルは、師であるヨハン・ヒントラーのモデルをベースに調整を経て開発されました。
愛用のハンマーシュミットとリードにグライヒヴァイトのマウスピースを組み合わせる事で、私の理想とする音色、生命力のあふれる音楽作りが可能となりました。


Daniel Ottensamer


ダニエル・オッテンザマー
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者


ヨハネス・グライヒヴァイトだけが持つ特別なノウハウと技術により、グライヒヴァイト社は理想的なマウスピースメーカーとなりました。
個人的に最もありがたいと思っている点は、彼が奏者各々の要求を即座に理解する洞察力とそれを形にする技術を持っている事です。


Gregor Hinterreiter


グレゴール・ヒンターライター
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者


美しい音色、正確な音程、快適な吹奏感のコンビネーションを生み出してくれるマウスピースです。
オーケストラ、ソロ、室内楽という私のクラリネット人生の数々の演奏は、常にグライヒヴァイトによる上質なマウスピースと共にありました。
E♭クラリネット用やバスクラリネット用まで、様々な奏者の個々の要求に適応可能な多種多様なモデルが用意されています。
確かな技術とあくなき探求心、そこから新たな技術が生み出されています。
奏者各々に合わせたサービスやアドヴァイスも素晴らしいです。


Univ.-Prof. Gerhard Pachinger


ゲラルド・パッヒンガー
ウィーン交響楽団首席クラリネット奏者


長年愛用しています。
厳選された素材で作られた驚くほど高精度なマウスピースのおかげで、思い描いた通りの音色の表現が容易になりました。
正確な発音と柔らかく豊かな音色の得られるマウスピースは学生、愛好家からプロフェッショナルまで、多くのクラリネット奏者にとっての大きな財産です。
グライヒヴァイトには大変感謝していますし、さらなる開発にも大いに期待します。


Univ.-Prof. Mag. Alexander Neubauer


アレキサンダー・ノイバウアー
ウィーン交響楽団


音楽家にとって重要なことは各個人に適したツールを手に入れる事です。
クラリネット奏者にとってはとりわけマウスピースが音色の根幹となる重要パーツであり、多種多様なフェイシングを単にコピーするだけではなく、更なる開発と変化する要求への適応が常に求められます。この根気を要する課題は、ヨハネス・グライヒヴァイトの下では自動的に解決されます。というのは、彼自身が常に根気よく最高の素材を求め続け、各奏者の個々の希望を実現する事に努力し続けているからです。
また、学生からプロにまで分け隔てなく接する謙虚な姿勢は非常に高く評価されるに値するものです。


Norbert Täubl


ノルベルト・トイブル
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ヨハネス・グライヒヴァイトによるマウスピース開発と様々な可能性の開拓により、ウィーン式クラリネットの未来が開かれました。
彼が優れたクラリネット奏者であると同時に技術者である事がマウスピースの分野でのさらなる発展を可能としました。彼のマウスピースが世に出て以来、私はずっと愛用し続けています。
全てのクラリネット奏者に自信を持って推薦できるマウスピースです。


Andreas Wieser


アンドレアス・ヴィーザー
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


各奏者個々の希望に応じたマウスピース・マッチングが可能であるというのは私にとっても新発見であり、これにより私も自分の理想とする音色により近づくことが可能となりました。
グライヒヴァイトのマウスピースこそが私に最も適したものであり、「偉大」の一言に尽きます。


Peter Schmidl


ペーター・シュミードル
元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者


マウスピースは現代のクラリネットに於ける最も重要な部分であり、どのような音色が生み出されるかはマウスピースにより決定されます。
過去数年この分野に於いては、現代のテクノロジーほか様々な要素の発展・向上により、まさに革命的というべき変化がおこりました。
私は大きな確信をもって、ヨハネス・グライヒヴァイトのマウスピースこそが、今日のクラリネット奏者の要求に最高度に応えてくれるものであると断言します。
私自身も数年来このマウスピースを使用しており、その高い精度とその他すべての要素に魅了されています。
正確な音程、息の入りやすさ、すべての音域で非の打ちどころのない発音のし易さが得られ、特に音色は我々の街ウィーンで理想として求められるものに最も適ったものです。
現在、グライヒヴァイトのマウスピース以上に、我々ウィーンのクラリネット奏者、またウィーンの音色を志向する音楽家の理想の要求に応えられるものは存在しません。
登録アイテム数: 5件
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧